スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語ばっかりの午後

英語教室を通い始めて5週目の終わり、初めてクラスメートとランチをしました。

私のクラスメートと先生を含め、全員私より若い。二十歳前後の学生は一番多いかな。私以外の学生は英会話留学に来たので、全日コースです。私は家族ビサ(F2)ビサなので、一週間15時間以下の授業しか取られないのは決まってることだそうです。このせいで、私は午後の授業は一切取れない。クラスメートたちはランチを食べに行く時、私はだけはささっと帰って家で食べます。別に彼たちと一緒に外食してもいいんだけど、節約するためにやっぱり家で食べた方がいい。

クラスに二人の学生は本日を持って終了し、バークレーを離れるので、お別れの会みたいに皆で食事をしました。場所は学校にすぐ側にあるPIQというイタリアンレストランにした。先生はイタリアに住んだことがあり、PIQをよく勧めました。そして、お離れの一人はイタリア人だから、PIQは最適でしょう。

普段、授業が終ったら家に帰る私は英語のみに人と会話すすのは初めてです。皆は片方の英語でいろんな話題が出されて楽しく話しました。お互いに分からない場面はもちろん沢山あります。この時、他の単語を換えたり、身振り手振りで説明したりする。これでも分からなかったら、最新テクニックとどこでも繋がるインターネットのおかげ、若者はI-padを出し、辞書を調べたり、ネットで図を探したらして、すぐに皆「はあ~~」と分かったという顔をしました。

金曜日は大体宿題なし。そろそろ帰ろうと思ったとき、既に午後3時半になりました。バスに乗って座ったら、はぁ~~とちょっと一息。授業では話すチャンスはこんなに多くないので、片方の英語で話しても楽しいし、いい会話の練習になると思う。。。けど、手振り身振りをしながら3時間も話したら、やっぱり体力は必要だわ

結論;このような英語ばっかりの会話はやっぱり疲れるな~~

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。