スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越のお知らせ

もっと使い慣れのブログを発見しましたので、そちらへ引越ししました。
ご不便ですが、下記のページにお越しいただければ幸いです。
http://d.hatena.ne.jp/fengmama/

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

なぜ「漂流の窓風景」?

このブログのタイトルは日本語としてはおかしいかもしれません。ここで名づける理由を説明させていただきます。

「漂流」という意味は辞書によると「風や潮のままに海上をただよい流れること。」でも、窓の風景は漂流できませんよね。確かにそうですが、どうしても「漂流」を使いたい理由があります。

2000年から2008年までの8年間は日本に過ごしていました。その時、独身の学生でした。学位を取れない限り、未来はどこでなにをするのか全く想像できません。それから、台湾と日本の間に行ったり来たりして、故郷より海外に過ごす時間が長いです。さらに、2005年から台湾・日本のほか、アメリカにも行ったり来たりし始めました。空間的には錯乱しています。

適応力は全く問題がないですが、前述のように、未来に対する不安や、空間へたいする混乱によって、「私の家はどこか?」という困惑は常に心の中にありました。これらの不安感は主人と結婚してからやっとややクリアされました。少なくとも、「家族いるところは私の家にある」というように考え直りました。

去年主人に「世界中どこに行ってもいいよ!私にとっては他の国に行くのはただ窓の風景が変わっただけ、どこで生活しても家は変わりません」と言いました。そうしたら、なんてまだ「漂流」しているの?それは、主人はまだ学生で、将来どこで就職するのかまだ分からないからです。私一家は主人の就職先によって行き先はまた変わります。ですから、私たちの行き先のない旅はまだ終ってません。風や潮のままに海上をただよい流れるように、漂流することはまだ続いています。

実は人が漂流しているはずです。ですが、心が定めているので、世界のどこへ行っても私は変わりません。私にとっては変わるのは窓の風景なんです。だから、漂流しているのは私ではなく、窓の風景なんです。

英語ばっかりの午後

英語教室を通い始めて5週目の終わり、初めてクラスメートとランチをしました。

私のクラスメートと先生を含め、全員私より若い。二十歳前後の学生は一番多いかな。私以外の学生は英会話留学に来たので、全日コースです。私は家族ビサ(F2)ビサなので、一週間15時間以下の授業しか取られないのは決まってることだそうです。このせいで、私は午後の授業は一切取れない。クラスメートたちはランチを食べに行く時、私はだけはささっと帰って家で食べます。別に彼たちと一緒に外食してもいいんだけど、節約するためにやっぱり家で食べた方がいい。

クラスに二人の学生は本日を持って終了し、バークレーを離れるので、お別れの会みたいに皆で食事をしました。場所は学校にすぐ側にあるPIQというイタリアンレストランにした。先生はイタリアに住んだことがあり、PIQをよく勧めました。そして、お離れの一人はイタリア人だから、PIQは最適でしょう。

普段、授業が終ったら家に帰る私は英語のみに人と会話すすのは初めてです。皆は片方の英語でいろんな話題が出されて楽しく話しました。お互いに分からない場面はもちろん沢山あります。この時、他の単語を換えたり、身振り手振りで説明したりする。これでも分からなかったら、最新テクニックとどこでも繋がるインターネットのおかげ、若者はI-padを出し、辞書を調べたり、ネットで図を探したらして、すぐに皆「はあ~~」と分かったという顔をしました。

金曜日は大体宿題なし。そろそろ帰ろうと思ったとき、既に午後3時半になりました。バスに乗って座ったら、はぁ~~とちょっと一息。授業では話すチャンスはこんなに多くないので、片方の英語で話しても楽しいし、いい会話の練習になると思う。。。けど、手振り身振りをしながら3時間も話したら、やっぱり体力は必要だわ

結論;このような英語ばっかりの会話はやっぱり疲れるな~~

水素添加油(硬化油)

「水素添加油」(または硬化油という)という名前は皆さんご存知でしょうか?「トランス脂肪酸」といえば分かるでしょう。

実は「トランス脂肪酸」は「水素添加油」というような油の中に存在しているもの。では、「水素添加油」ってなにか?それは人工てきな植物油とのこと。食品の例を挙げると、マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングは「水素添加油」である。

「水素添加油」は人体に害がある油である。「水素添加油」は体から排出することができないので、摂取の量によって、虚血性心疾患の発症と認知機能の低下であることを指摘された。

しかし、実は私たちの食生活には「トランス脂肪酸」を知らずに摂取している。特にお菓子やパンなどの製作によく使われている。お菓子など食べても大量に食べないので、まだいいんだけど、パンだったら主食の一種になっていて、いくら避けようとしても「水素添加油」を使ったパンを口に入るだろう。

幸いとして、私は今住んでいるカリフォルニア州は2008年7月25日から州レベルで使用禁止を決定したので、一安心。日本ではどうだろう。ヴィキペディアによると、
「日本では厚生労働省が推進している保健機能食品がトランス脂肪酸商品を認可している事などがある。 消費者庁は商品への含有量の表示のガイドライン作成を決めたが、摂取は個人の判断にゆだねる方針である。2010年12月26日、セブン&アイ・ホールディングスはトランス脂肪酸を含む商品を販売をしない方針を明らかにした。」
と分かった。

私は昔日本にいたとき、このような知識がなく、生クリームを買うとき、安い植物性のものを選んだ。また、硬くてパンに塗りにくいバターを避け、わざと植物性のマーガリンを買った。近年、「トランス脂肪酸」に対する意識が高く、ベーキングするとき、必ず動物性のバターやクリームを使うようになっている。まあ、カリフォルニア州に住んでるから、植物性の油を買おうとしてもないだろうけど…

残念ですが、台湾では「水素添加油」へ対する規制はまだない。パンだけではなく、中華系の主食類の葱油餅、酥餅など、そしてお菓子類のパイナプルケーキや月餅など広い範囲で「水素添加油」を使用されている。この故、私はパンを自分で作り始めた。特に禅は離乳食を食べてから、我が家では自家製食品はどんどん増えてきた。

自分で食べ物を作るのは必ずしも美味しいと決まらない。しかも、すごく時間や手間が掛かる。ものによって買うよりは逆に高くなるかもしれない。だけど、自家製のものは衛生的、健康的、安心できるという保障がある。ですから、時間や体力がある限り、家族の健康を保つため、自宅で料理することや食べ物を作ることを続けたい!

[中華料理]塔香茄子

先週、El Cerritoで買ったタイバジルで「塔香茄子」(ta3 xiang1 qie2 zi)を作ってみた。写真を取ってないから、見せることができないけど、作り方だけを先に紹介します。

まず、バジルとタイバジルのことを説明しておく。
バジル(basil)とタイバジル(basil)はとても似ているハーブのこと。植物的な分類では、多分同じ科に属しているんじゃないかと思う。日本によくあるのはバジルである。アメリカでは「basil」あるいは「sweet basil」と言う。タイバジルの茎はバジルと違って、緑ではなく、紫色なの。バジルの香りはマイルドで、タイバジルの香りはバジルよりずっと強い。西洋料理によく使われているのはバジル、ベトナムやタイなど、東南アジアの料理によく使われているのはタイバジル。

中華料理にはこの二つのハーブを使うのはあまり見れない。でも、台湾料理や雲南料理など、比較的には南の料理だけにタイバジルを入れる。有名な台湾料理「三杯鶏」も、今回紹介する「塔香茄子」もタイバジルを入れる料理。

って、なんて「塔香」という名を付けてあるのか?それはタイバジルの台湾名と関係があるからだ。タイバジルは台湾で「九層塔」と呼ばれている。これは大体タイバジルの形は塔と似ているから、そう呼ばれているんじゃないかと私がそう思う。だから、「塔香茄子」というのは、「九層塔の香りが付いている茄子」という料理なの。個人的な経験では中国人(特に北方の人)はこのハーブのことあまり知らないみたい。中国ではタイバジルを何を呼ばれているのか私も分からない。

[中華料理]塔香茄子
材料:
1中国茄子(長い茄子):3本。半切にしてから、また半切する。それから、5cmぐらいの長さに切る。
2ひき肉(普通は豚肉を使うけど、鶏肉でもオッケー):50-100g
3タイバジル:1/2束(葉っぱだけ)
4にんにく:少々

調味料:
1辛味噌(辣椒醤、または辣豆瓣醤):大匙1、辛いのが好きな方、大匙2でもok
(辛さに弱い人や子供だったら、辛くない豆瓣醤を使ってよい。豆瓣醤は手に入れない方はなしで、醤油だけ入れてもいい)
2醤油:少々
3砂糖:少々

作り方:
1サラダ油で茄子を揚げる。少しやわらかくなったら、ざるで引き上げる。
(揚げたら油っぽくなるから、揚げなくてもオッケー、ただ煮込む時間はながくなる)
2大匙1のサラダ油を炒め鍋に入れて、にんにくを入れる。にんにくの香りが出たら、ひき肉を入れる。
3ひき肉を油が出ているぐらいまで炒める。そして辛味噌を入れて、ちょっとだけ炒める。(長く炒めたら焦げるから、ご注意)
4茄子を入れる。
 ①揚げたナスだったら、ちょっとだけ炒めたら、水を入れて煮込む。
 ②揚げてないナスだったら、ちょっとやわらかくまで炒めて下さい。
5水は100-200ccぐらい入れてから、煮込む。ここで醤油を加える。
 やわらかくまで煮込むけど、形を崩れないように要注意。また、水が足りなかったら適当に加えてね。
6汁は少し残っている状態で、砂糖をほんの少し入れて、からバジルを全部入れる。
7バジルを入れて、混ぜたら、出来上がり。

基本時には、作り方はパーボー茄子とほとんど同じ。パーボー茄子は日本人に馴染みがある料理だから、「塔香茄子」は失敗しにくいだろう。塩辛くて香りがよい一品だから、是非お試してください!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。